GIGAスクール対応機種を評価する

文部科学省GIGAスクール構想の実現標準仕様書は、3OS(Windows10Pro・Chrome OS・iPad OS)で記述されており、各社からその対応機種が発表されている。

ベンチマーク上の比較ポイントはおもに
① ハードウェア/OSに依拠するもの
② OSに依存しないクラウド上の学習ツールによるもの
③ MDM(Mobile Device Management)等機材資産運用管理ツールの3点が考えられる。
本ベンチマーク集中テストは①および②の一部を扱う。

集中テスト1回目は、いずれも3月6~13日に各社からテスト機貸与を受けたか、米国からの同系列機種購入によるもの12機種を対象とした(全機種ではないので念のため)。なお、対照参考機種として性能の高い CPU(Core-i5 8365U)を搭載したChromeOS/Windows10Pro機(いずれもDell製)のテストを並行して行っており、資料にも参考値として記載した。

集中テストは国際大学GLOCOMにて実施、計測プログラム開発・実査にあたっては、株式会社アウスタの大谷友次郎氏・髙橋直秀氏、GLOCOM小林奈穂研究員の協力を得た。

あわせて読みたい