カテゴリー: ICT脱教具論

事業仕分けへのコメント:教育情報化政策のグランド・ビジョン再構築を

事業仕分けへのコメント:教育情報化政策のグランド・ビジョン再構築を

2009/11/16文部科学省は行政刷新会議事業仕分け対象事業に対する意見募集を行った。本稿は、事業仕分け対象の学校ICT利活用事業に対して、12/15送付した...

「技術的に可能なこと」と「ずっと使えること」は同じではない

「技術的に可能なこと」と「ずっと使えること」は同じではない

持続可能性(sustainability)は、筆者が提唱する教育情報化4原則のひとつ。教育現場に導入されるテクノロジーは、日常的かつ高頻度な利用に十分耐えうるも...

新奇性効果(novelty effect)

新奇性効果(novelty effect)

新奇性効果(novelty effect)とは、教材・教具・指導方法・場面設定等の目新しさ(新奇性)が、学習者の興味関心を惹き、一時的に動機付けや学習効果を高め...

教育×破壊的イノベーション

教育×破壊的イノベーション

経営学とイノベーション論は、教育業界から最も遠い領域と考えていいかもしれない。しかしながら、教育工学の黎明期にあたる1900年代は、いわゆる名人芸・職人芸と呼ば...

シャドウコストの問題

シャドウコストの問題

シャドウコスト(shadow cost)とは、特定のプロダクトや実践成果の創出にかかるコストとして、表面(帳簿)上は計上されないものを指します。 ごく簡単に示せ...

Secured By miniOrange